離婚問題を弁護士に相談する場合の流れとポイント

離婚問題を円滑に解決するためには、誰に相談するかが極めて重要な部分になります。一般的には親や兄弟を頼る人が多いのですが、親族同士の話し合いになると、双方が感情的になり問題が解決しないまま長期化する傾向があります。特に子供がいる場合には、中途半端な状況が続くと必要以上に精神的な負担をかけてしまいます。親族以外となると、役所などのカウンセラーや行政書士が考えられますが、問題解決に向けてのアドバイスはできますが、例えば相手方と財産問題や親権にかかる紛争問題に発展している場合、交渉行為や法律に則った対応を直接行うことはできません。こういった場合には弁護士に依頼することが必要となりますので、まずはどういった流れで対応を依頼すべきなのか把握しておくことが重要です。

離婚問題に強い弁護士は誰よりも頼りになるパートナーです

1日でも早く問題を解決するためには、裁判に持ち込むのが最適だと考えている人も少なくありませんが、日本の法律では協議を行い、解決しない場合は調停という手続きを踏まないと裁判に持ち込むことはできません。したがって、早期に問題を解決するためには、できる限り早い段階で弁護士に相談することが大切ですが、その場合には夫婦問題に強い弁護士を選ぶことが大切です。ネット上には口コミサイトも数多く開設されていますので、これらを参考にすると良いでしょう。また、夫婦問題に強い弁護士事務所であれば、初回は無料で面談窓口を設けていることが多いので、現在の状況や自分が望む条件などを正直に話すことが大切です。弁護士というと敷居が高いと思う人が大半ですが、実は一番頼りになるパートナーであることは間違いありませんから、臆することなくしっかりとコミュニケーションを図ることが大切です。

離婚問題の解決に向けて弁護士は全ての対応を行います

相談を受けた弁護士からは、これまでの判例などから相手から引き出せる妥当な条件や弁護士費用などが示されます。もちろん、面談したからといって、必ず依頼しなくてはならないものではありませんから、その場で決断を下す必要はありません。自宅に持ち帰って熟考することも、他の弁護士に話を聞くことも可能です。大切なのは、自分で一生を左右する問題ですから、納得して弁護士に依頼することです。その後、正式に契約を交わせば弁護士は相手方との交渉に入り、その状況によって調停、裁判という流れに沿って全ての交渉や対応を行っていきます。その間、依頼者は直接相手方と対峙することはありませんが、調停や裁判の過程において裁判所へ提出するための資料を集めたり、弁護士からのヒアリングを受けることになりますから、しっかりと連携を図ることが大切です。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加