浮気にかかる離婚問題を弁護士に相談するメリット

浮気を原因とする離婚を考える場合、弁護士に相談することが得策です。確かに信じていたパートナーの裏切り行為は許せないものです。しかしながら、一時の感情で物事を進めてしまうと、その後の生活に悪影響を及ぼすことも少なくありません。いくら大きなショックであっても一生の人生を左右する大きな出来事なのですから、冷静に考えて行動することが大切です。特に一人で考えているとネガティブな発想しか浮かんできませんから、法律に精通している弁護士が頼りになるのです。最近では浮気問題などに対処するため、無料で窓口を開設している弁護士事務所も少なくありませんから、これらを利用すると最善の解決策についてアドバイスをいただけます。しかしながら、その前にメリットやデメリットを整理しておく必要があります。

パートナーの不貞行為にかかる離婚の現状

パートナーの浮気が発覚した場合、多額の慰謝料と教育費を受け取ることができて、親権も自分のものになると考えている人も少なくありませんが、まずはその事実をしっかりと立証する必要があります。法律的には「不貞行為」と呼ばれていますが、これは「肉体関係を含む、異性との親密な関係」のことであり、例えば二人がホテルから出てきた写真などの客観的な証拠がなければ、例え事実であっても法的に事実であると認められません。また、慰謝料や養育費についても、パートナーに余程の収入がない限り、慰謝料は300万円程度、養育費は子供1人につき3~5万円が相場です。つまり、精神的な安定を手に入れることはできても、経済的には厳しい状況となることは間違いありませんので、まずは、この事実を受け止めた上で弁護士に相談することが大切です。

弁護士の役割と離婚成立までの期間

浮気問題を弁護士に相談すれば、最善の解決策が提案されますので、それに納得できれば正式に対応を依頼することになりなります。浮気問題は当人同士で話し合いをしていても感情ばかりが先走ってしまうため、長期化することは避けられませんが、弁護士が相手との交渉を行うことで解決までの時間を大幅に短縮できます。依頼を受けた弁護士は、当方の条件を相手側に承諾させることになりますが、それに応じない場合には調停に持ち込みます。調停は裁判所で行われますが、ここでも決着できない場合に裁判になります。因みに調停で出された和解案に強制力はありませんが、裁判では判決という形になりますので、強制力が出てきます。なお、裁判で決着がつくまでにかかる期間は半年から1年が目安になります。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加